越後雪かき道場(R)ブログ

雪をかき・汗をかき・情熱かき立てる
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
地元の師範が盛り上がり過ぎ? 〜糸魚川西海地区

2/3(土)〜4(日)は、新潟県糸魚川市西海地区で越後雪かき道場®を開催しました。この西海地区での開催は、昨年に引き続き2回目の開催です。会場となった西海地区公民館には、県内外から続々と参加者が到着しました。

 

 

 

この西海地区。昨年はかなり小雪で・・・除雪する場所も無かったのですが、夜の交流会をしている間にかなりの積雪があり、翌日は来海沢地区で除雪作業をしました。今年の雪の量は、昨年よりは多いものの、それほど大雪と感じることもなかったです。むしろ、これくらいの雪の量が雪かき道場の開催にはちょうどいいです。

 

 

 

さて。西海地区で「師範」を務める皆さん・・・昨年は、ちょっと恥ずかしがり屋のところが見えていましたが、今年はなんのその・・・出しゃばり過ぎだろ!ってくらい、熱心に指導してもらいました。(特に女子に対して : 笑)

 

各地で開催する雪かき道場では、「技術指導をしてくれる地元の師範」ということで、5名ほど依頼しています。がしかし! 糸魚川市西海地区では「オレもオレも!」と14名が立候補! ありがたいことです。

 

 

 

初級コースの実践は、西海地区公民館の裏手で、スコップやスノーダンプの技術を学びます。降雪はなかったものの、川沿いですから、風が冷たかった・・・。

 

 

 

それでも指導する地元の師範は元気いっぱい。親切に教えていただきました。

 

 

 

実技が終わると、雪に親しんでもらうためちょっとしたレクリエーション。カンジキを履いたまま、雪合戦なんだか陣取りゲームなんだか、とにかくワイワイ。隣県の富山県から参加してくれた高校生も混じって雪を投げ合いました。実はこのボール、中にはペットボトルに入った甘いミルク!?が入っていて、投げられ、蹴られることによってアイスクリームに変化。美味しく頂きました。

 

 

 

夜の交流会では、全員から自己紹介を頂きながら、参加者と地元の皆さんと交流を深めました。まぁ、本番は翌日なんですけどね、だいたい、夜はみんな盛り上がりすぎるんですわ・・・。

 

 

 

もちろん、恒例のカルタ大会も開催。大学生たちは、マジになってます(汗)。

 

 

 

そして地元が企画した遊び「宝引き」。(ほうびき)と読むそうです。古くは室町時代から続く正月の遊びという説も。

 

 

 

シンプルなルールではあるものの、初めて体験する伝統の遊びに、若者はもちろん、地元の師範も大盛り上がり。

 

 

 

そして極め付きは、節分ということもあり、地元のはしゃぎ過ぎの師範が鬼に扮して豆まきです。ステージ裏から「泣く子はいねかー!」と現れる演出は、昨年まで恥ずかしがり屋だった同じ西海の師範とは思えませんでした(笑)。

 

 

 

そして翌日。まずは健康雪か体操をして体をほぐし、作業場所の来海沢地区へ移動。初級は民家の除雪と神社の階段(これがきつい!)、中級コースは屋根の雪下ろしです。

 

 

 

県外から移住したという参加者も、初めてスノーダンプを触ってみたという参加者も、1日目に学んだコツを覚えて、効率的に作業を進めます。

 

 

 

 

 

中級コースでは、安全帯をしっかり装着しロープをアンカーに接続し、ヘルメットを被り、安全第一で作業をしてもらいました。

 

 

 

初級コースは昨年も訪れた神社の階段を除雪しました。ここは雪の量も多く、皆さん汗をかきながらの作業となりました。でも、このあと行われる地域の行事のため、ここの除雪作業はとても助かります。

 

 

今回の西海地区・・・盛り上がり「過ぎ」くらいの地元の師範の熱気が、参加者を和ませてくれました。越後雪かき道場®というメニューじゃなくとも、きっと自分たちで企画し集客し運営できる能力も感じました。除雪ボランティアの受け入れはもちろん、冬のツーリズムのメニュー計画するなど、自立できそうな地域ですね。

 

参加した皆様、ありがとうございました。地域の皆様、大変お世話になりました。

 

- | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年のグッズ

越後雪かき道場®では、毎年スポンサー様より、参加者へグッズが提供されます。昨年末に、今年のグッズは「何がでるかな〜」と、ちょっとだけ紹介しましたが、実はマグボトルでした!

 

 

株式会社興和様、毎年のご支援、ありがとうございます!

 

 

- | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/10(土)〜11(日)山古志へ参加される方へ(集合場所の変更)

連絡です。

 

2/10(土)〜11日(日)、越後雪かき道場in山古志に参加される方へ、事務局より連絡が入っているかと思いますが、変更のお知らせがあります。

 

○集合場所→「あまやち会館」

〒947-0201新潟県長岡市山古志種苧原4526
電話: 0258-59-3620

https://goo.gl/maps/dnNrHUVQBFG2

※当日の宿泊場所も同じです。

 

○受付時間は変更なく、12時30分より行います。

 

お気を付けてお越しください。

 

- | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
リピータ率が高い木沢道場

1月27日(土)〜28日(日)は、長岡市川口木沢で越後雪かき道場を開催しました。この木沢道場は、どの開催地よりも早く定員に達し、それも毎年リピーター率が高い特徴があります。それも、大学生らが多い。何が彼らを惹きつけているのでしょうか・・・。

 

 

木沢道場では、通常の初級コースのほか、上級コースも設定。中級コースで実践する安全帯やロープの講習はもちろん、除雪ボランティア等を率いて現場へ向かい、安全かつ効率的な除雪計画を立てるスキルを身に付けてもらいます。そのために現場を確認します

 

 

 

また、救護者の搬送のための訓練なども行い、様々なスキルを身に付けてもらうことを目的としています。

 

 

 

夜はお待ちかねの交流会。若者たちがたくさんいると、カルタ大会も盛り上がります!

 

 

 

2日目の天気は快晴。雪焼けするほどのまぶしい日差しでした。上級コースは安全帯を付けて屋根雪おろし。

 

 

 

初級コースは主に地上での作業です。スコップやスノーダンプの使い方、ばっちりかな。スノーダンプで大きな塊が取れると気持ちいいよね。

 

 

 

途中の休憩では、除雪するお宅のおばあちゃんが出できてくれて、おやつをもらいました。

 

 

 

そして最後に修了式。先日、総務大臣賞を頂いた賞状と盾と一緒にポーズ。笑顔がいいですね!

 

 

今年の雪も手ごわいようで、各地で大雪や低温による被害も出ています。また、関東方面では大雪の予報も・・・。皆さんには除雪作業では決して無理をせず、安全に注意しながら作業をしてもらいたいです。

 

 

 

 

 

- | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2018シーズン1回目は、酒田市日向で開催

日本全国、極寒ですね・・・。各地で大雪、猛吹雪。除雪作業中の事故のニュースも聞こえてきます。みなさま、ぐれぐれもお気を付け下さい。

 

さて。1/20(土)〜21(日)、山形県酒田市日向地区にて雪かき道場シーズン2018の第一回目を開催しました。県内外から約40名のご参加を頂きました。雪の量は平年と比べて少なかったですが、初級コースのほか、中級コースも開催しました。

 

 

今回は酒田市内の大学生、それも体育会系のがっちりした男女がたくさん参加してくださり、とても心強いメンバーとなりました。

 

 

 

中級コースでは、今年、正式に製品版がデビューした長谷川工業株式会社の「ハードルラダー」を使って屋根に上りました。

 

 

また、夜には地元のお母さんたちによる「炊き出し訓練」のおいしい料理を囲みながら、参加者どうし、交流を深めた時間を過ごしました。

 

 

おばあちゃん家の除雪も手伝いました。窓から明かりが入るようになったかな? というか、私たちにミカンを1箱もくださりました。すみません、ありがとうございました。

 

 

この日は雪が少なかったものの、翌日からまた大雪になったようです。今週は全国的に荒れた天気になるようで、とても心配です。今後、どこかの地域で、除雪ボランティアの募集があった際には、ぜひ今回学んだ知識を活かして、安全かつ効率的に作業をしてもらえれば幸いです。

 

 

ご参加頂いた皆様、お疲れ様でした。

 

- | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.