越後雪かき道場(R)ブログ

雪をかき・汗をかき・情熱かき立てる
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
常設"キザワ"道場はやっぱり大雪

2月16日(土)〜17日(日)は、毎年おなじみの開催地、長岡市川口木沢−通称"キザワ"で越後雪かき道場を開催しました。小雪の年でもキザワに来れば雪はある、ということで常設道場という設定にしています。同じ長岡市内でも、今年は市街地の降雪は、ほとんどなし。でもキザワは例年の半分くらいの雪ですが、約1.5mくらいの積雪はありました。

 

 

 

今回は関東方面からの参加者が多く、東京都や神奈川県(それも小田原市が多かった)から足を運んでくれた方がもいらっしゃいました。また、ともにサッカー部だという中学生2年生たちは、お父さんの運転で参加してくれました。

 

 

もちろん、すっかり顔なじみとなった「雪かき道場のリピーター」や「キザワのリピーター」も多く、和やかな雰囲気でした。

 

 

安全講習の座学のあと、初級コースはグランドでスコップやスノーダンプの基礎を学びます。この日のお昼の長岡市街地付近は弱い雨だったのに、ほんの少し山のほうにあるこの地域では"モサモサ"の雪。練習しているさなかにも、どんどん降り積もってきました。

 

 

 

初級コースでは、埋没訓練にも挑戦してみました。埋もれた人からの高い声は外部に届きにくく、意外と低い声のほうが聞こえやすいことを体験してもらいました。埋没役の参加者いわく「雪が重くて動けないし、とさも寒かった。訓練とわかっていても怖かった」と。いくら携帯電話や笛などを持っていても、大量の雪に埋もれてしまうと、本当に身動きが出来なくなります。みなさん気をつけて下さい。

 

 

 

一方、今回の上級コースは内容を充実させ、上級らしく主体性をもって行動する力を養うことに主眼を置きました。安全帯やロープの扱いはもちろんのこと、チームを率いて安全に除雪作業ができるか、参加者どうしで意見を交わしながら進めました。

 

 

夕方までに、かなりの雪が降ってきたせいで温泉へ行くはずの迎えのバスが遅延し、参加者のみんさんにご迷惑をおかけしましたが、なんとか交流会も開催できました。恒例のユキカキカルタ大会で盛り上がりました。

 

 

翌日は、初級コースは3班に分かれて集落内の要援護者世帯の除雪作業に出かけます。地元の師範に率いられて、いざ出陣。

 

 

 

この班では、崖下のほうに向かって雪を捨てるようです。座学で勉強したように、重い雪は低い方へ運ぶ方が楽です。また、除雪作業にお邪魔したお宅からは、こちらは初心者の除雪作業だというのにお菓子や元気ドリンクをもらったり、お礼まで頂きました。

 

 

上級コースでは、出かける前の戦略会議です。前日に下見した家屋を、いかに安全に効率よく作業するか、綿密に打ち合わせをします。

 

 

 

そして作業のあとにも、ふりかえり。もっとこうすればよかった、ここは危険だった、等々、活発な意見交換がなされました。

 

 

 

もちろん上級コースですから、筆記試験もあります。安全作業にかかわる質問から自身の除雪能力に関する問いかけまで、さまざまな分野が出題されました。

 

 

修了式では、初級コース・上級コース全員に修了証(受講証)が授与されましたが、その中でも上級コースの実技の内容や筆記試験の結果が優れた3名には「上級認定証」が送られました。

 

 

今回も日本全国さまざまなところから、さまざまな職業、年齢の方々にご参加頂きました。レスキュー部隊の方、消防士、調理師、サラリーマン、中学生・・・今回学んだ技術をもとに、いつかどこかで大雪になったときに、安全かつ効率的に除雪作業ができるよう願っています。皆さん、たいへんお疲れ様でした。

 

 

 

 

- | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.snow-rescue.net/trackback/1344529
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.