越後雪かき道場(R)ブログ

雪をかき・汗をかき・情熱かき立てる
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
木沢道場に続き山古志でも「上級コース」を開催

2月10日(土)〜11日(日)は、越後雪かき道場®の本拠地である、新潟県長岡市山古志地域で開催しました。この日は、同じ日程で長野市鬼無里(きなさ)でも開催しており、スタッフは2班に分かれて運営しました。

 

 

 

山古志では、通常の初級コースに加え、上級コースも設定し、27名の参加者が集まりました。初級コースでは、まずは指南書に従って安全講習を学び、上級コースでは早速安全帯とロープワークを学びます。

 

 

 

この日の上級コースでは、大手ハシゴメーカーである長谷川工業株式会社(+雪かき道場のコラボ)で販売が実現した「ハードルラダー」を紹介。メーカーからもスタッフにお出で頂き、商品の説明をしてもらいました。

 

 

 

ハシゴの上り下り時に潜む、様々なヒヤリ・ハット対策が施されています。

 

 

今回の宿泊場所は、「あまやち会館」。ここは越後雪かき道場の開催地の中でも1・2番に過ごしやすい場所。だって普通の宿泊場所ですもの。「道場」ですから本来は体育館(寒っ)に雑魚寝でもいいかもしれないけど、ここには自動販売機もあるし大浴場もあるしね・・・。

 

 

 

それにしてもこのちびっ子、夜のユキカキカルタ大会では今回「も」記憶力がよく、下の句から読む第2戦でも酔っ払いの大人たちより多くの札を取ってた。すごい。

 

 

翌日も初級と上級に分かれて実践。初級コースは会場近くの種苧原(たねすはら)集落に入って除雪作業です。

 

 

あいにくの天気でしたが、皆さん、作業目標を決めて頑張ってくれました。

 

 

 

 

 

やはり雪で埋もれた1階の窓は出してあげたいですよね。皆さん、チームワークよく頑張ってくれました。最後はおうちの人も出て来てくれて記念写真。

 

 

一方、上級コースは屋根の雪下ろしです。これが手ごわい・・・。とても時間内に終わることが出来ず、ちょっと消化不良でした。(そもそも、メイン会場と雪下ろしの会場が離れていて、移動に時間がかかってしまったことも原因。事務局の反省点です。)

 

 

 

それでも安全第一で、もちろん安全帯とヘルメットを装着し、ロープをアンカーに接続して作業します。

 

 

 

そして上級コースには、なんと筆記試験もあります!

 

 

はたして試験の結果は・・・!?

 

 

最後は総務大臣賞を頂いた盾と賞状で記念撮影。

 

 

今年の山古志は、昨年よりも雪は多かったものの、量としては平年並みかな。それでも普段、雪に慣れていない参加者の人たちから見れば、びっくりするくらいの多い雪でした。そのため、もうちょっと作業をしておきたかった、と言う声も聞かれましたが・・・。皆さん、たいへんお疲れ様でした。

 

 

- | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.snow-rescue.net/trackback/1344512
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.