越後雪かき道場(R)ブログ

雪をかき・汗をかき・情熱かき立てる
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
天気にも恵まれた山古志

1/28(土)〜29(日)、越後雪かき道場は本拠地「山古志」での開催でした。今年は今のところ小雪傾向で、例年よりも積雪は少なめ・・・1.5mくらいでしょうか。

 

メインとなった会場は「やまこし復興交流館"おらたる"」です。NPO中越防災フロンティア理事長の挨拶から始まり、座学〜準備体操と進んでいきます。

 

 

 

初級コースはおらたる周辺でスコップ、スノーダンプの基礎を学びます。カンジキを履いてイザ出陣。

 

 

 

スコップやダンプで除雪作業と思いきや・・・何やら大きな山を作っている様子。なんだこれ?

 

 

 

耳が出てきましたね〜。

 

 

そんな初級コースとは別会場で、中級コースでは安全帯やロープの適切な使用方法を学びます。そしていざ、ハシゴを使って屋根雪除雪に挑戦。

 

 

もちろん、この家屋には命綱を結ぶアンカーが装備されています。参加者全員でヘルメットを装着し、命綱をアンカーに接続してから作業します。

 

幸い天気もよく、作業は順調に進みました。

 

 

お、初級コースの皆さんが作っていたのはこれか。目玉はお椀じゃないですか・・・(汗)。

 

 

 

交流会の会場もおらたるにて。山古志のスタッフが作った手作り料理が並びます。

 

 

本当は「立食」だったはずが、みんな椅子を持ち寄って・・・結局普通の宴会状態に(笑)。

 

 

この日の宿泊は山古志種苧原(たねすはら)地区にある「あまやち会館」。宿に戻ってからも、皆さんが持ち寄ってくれたアルコールをお共に少しだけ二次会。

 

 

もちろん恒例の「ユキカキカルタ大会」もやりました。カードがちいせー・・・(汗)。

 

 

2日目の朝は放射冷却でずいぶん寒かった。カーブミラーも凍っています。

 

 

 

参加者は種苧原地区から、竹沢地区へ移動し、研修施設「ロータリーハウス」の除雪です。屋根は自然落雪でほとんど落ちているものの、下の方はかなり積もっています。今回のミッションは、この建物の周辺の山を除雪します。

 

 

 

まずは建物周りの危険個所や、排雪場所を決め、段取りします。

 

 

 

雪は、隣接する崖に落とせるので、スノーダンプによる作業がメインです。

 

 

 

雪山の上から落とす担当、その雪を移動させる担当・・・しっかり役割分担が出来ました。

 

 

 

この日も天候には恵まれたため、着々と作業は進みました。いやぁ、この時期としては暑かった。

 

 

 

あれだけ大きな雪山も、この通り綺麗に片付きました!

 

 

 

一行はおらたるに戻り、修了式です。初級コースの皆さんも中級コースの皆さんにも、無事に認定証が授与されました。

 

 

 

おっと、この方は3回目の参加。師範代と熱い抱擁か(汗)。

 

 

 

雪かき道場は除雪技術を学ぶ講習会です。たまたま今回は2日間ともよい天気に恵まれ、作業もやりやすかったですが、いざ豪雪になったときは、近所で除雪に困っている老人宅や、どこかのボランティアセンターで、今回習得した技術を発揮してもらえればと思います。

 

皆さん、お疲れ様でした。

 

 

- | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.snow-rescue.net/trackback/1344486
 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.