越後雪かき道場(R)ブログ

雪をかき・汗をかき・情熱かき立てる
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
鬼無里だけど鬼が笑う!?
鬼無里(きなさ)って読めますか? 私たち雪かき道場スタッフも、この地を訪れるのは初めて。新潟から行くときは長野市経由がよいのか、信濃町経由がよいのか・・・。天気は大丈夫そうだから、信濃町から行ってみよう。

今シーズン最後の雪かき道場で、スタッフには疲れはたまっているものの、初めての鬼無里での開催です! 気合を入れていくぜ〜。おっ、鬼無里へようこその看板発見! でも自動販売機には「冬期販売中止」の張り紙が(汗)。大丈夫かよ、この先。

いやぁ、看板から市街地まで結構遠い(大汗)。鬼無里の市街地で唯一の信号を過ぎ、いざ会場へ。

 

おっと、お昼ごはんを食べてなかった。ちょうどいいところにお店発見。長野と言えばおやき。「いろは堂」さんに寄ってみました。たくさんの種類があって悩みましたが、私は甘党なのであんこ。帰りのお土産もここだな。

 

今回の会場は、「鬼無里の湯」。こんな立派な施設で雪かき道場をやらせてもらうとは、ありがたい。まだ作業も終わっていないのに、既に温泉に入りたいとタダをこねるスタッフ1名。

でもそれより先に準備をしましょう。ノボリ旗を立てて参加者に開催場所の目印をアピール、そして通行車両に対しては除雪作業中の注意喚起の役目もあります。

地元の師範たちと綿密な打ち合わせも欠かせません。実は昨年末に、地元の代表らが出席している会議に出させてもらい、雪かき道場の説明をしました。そのときは「なんだおめぇら」「都会の若者が雪かきに鬼無里に来るってか?」←そんなことは言っていませんが、顔がそんな風に不安がっていました。しかしこの日の準備のために、地元の師範もとても協力的で、私ども雪かき道場スタッフとしては運営がとても楽でした。

 

今回の参加者は27名。県内外から様々な所属の人たちが参加です。中でも大学生が多く参加してくれました。まずは「雪かき道<越後流>指南書」を使って、除雪の安全講習をしてもらいました。

 

そして「健康雪かき体操」で体をほぐした後は、いよいよ外に出て作業開始です。

 

まずは地元の師範や師範代から基礎的な指導です。スコップなんて持ったことない人も居ますが、明日の集落内の除雪作業に向けて、安全で効率的なやり方を学んでもらいましょう。

 

地元の師範も「こうやって持つといいよ」「もっとヒザと腰をうまく使って」と、指導にも熱が入ります。

 

基礎実技のあとは、鬼無里の湯のコテージ脇の雪の山を崩します。実は翌日、作業を行う予定の集落内にも、同じような雪山があり、いわば実践作業に向けたシミュレーションです。しっかり学習してもらいました。

 

さぁ、雪かき作業で汗をかいたら、温泉で汗を流しましょう。「濡れたなら、早めに着替えて、風邪防止」カルタの通りですね。

そしてお楽しみの交流会です。決して単なる宴会ではなく、雪かき道場の中では「ボランティアの受け入れのための炊き出し訓練」でもあります。地元のお母さんたちが地元の食材を使って、おもてなしして頂きました。

 

「地元の食材なら任せろ」と、地元の師範が披露してくださったのはイノシシ肉。「初めて食べた〜!」と驚きの声も聞かれました。

 

食事は全部ぜ〜んぶおいしい! 食べきれないくらい、たくさん作って頂きました。(もちろん、残りは夜食で持ち帰りました)

 

そして雪かき道場恒例のユキカキカルタ大会です! 大人げない大人たちが真剣に取り組みます! 商品付きとあって、子供のように盛り上がりました。

 

翌日の天気は雨予報。でも実際は雪交じりの曇り空。寒いけれど、体育館で健康雪かき体操をして体を温め、いざ出陣!

 

実践作業の場所として訪れたのは集合住宅。前日の雪山を崩す練習が役立つでしょうか。班に分かれて雪山をどんどん崩していきます。

 

この班ではスノーダンプの通り道を作り、斜面にどんどん雪を捨てています。2車線作っているところが作業効率を上げるポイントです。

 

地元の師範も加わりどんどん作業が進んでいきます。

 

おっ、雪山がどんどん小さくなって来たぞ。地面が見えてきた。

 

そして作業完了! 雪山は完全になくなり、住宅の奥まで車が容易に通られるようになりました。(このあと、地元の方々のご協力により、地上の圧雪部分も重機でさらにきれいにして頂きました)

 

心配されていた天気も作業とともに回復してきました。作業が完了した満足感と一緒に記念撮影。心地よい疲労感とともに2日間の日程が終了しました。



そして鬼無里活性化センターにて修了式。みなさん2日間本当によく頑張りました。もちろん全員に雪かき道場の初級コース修了証を授与しました。

 

参加者一人ひとりに感想を述べてもらいました。地元の師範からも「たくさんの人が来てくれてありがとう」と感謝の言葉をもらいました。参加者のみなさん、私どもを受け入れて下さった地元の方々、本当にありがとうございました。

 

今回の雪かき道場in鬼無里は、地元の「鬼無里地区住民自治協議会」を事務局として、地元の方々との調整から、施設の予約、参加者の出迎えまで御協力頂き、無事終了することができました。ここに感謝を申し上げます。

実は・・・地元の方々からは既に「来年も来てくれよ」と予約を頂いています。鬼が居ない鬼無里ですから、来年の話をしてもいいかな(笑)。



(おまけ)
2日目の片付けを終えて新潟へ帰る途中、お土産を買うため再びいろは堂へ。レジ脇に雪かき道場のステッカーを貼らせてもらったのは、来年もまた来るよの印です。
- | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.snow-rescue.net/trackback/1344474
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.