越後雪かき道場(R)ブログ

雪をかき・汗をかき・情熱かき立てる
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
関東甲信の雪かきボランティアに出かける人へ
このたびの大雪は、各地に被害をもたらし、いまだに孤立集落もあるようです。現地では除雪ボランティアセンターも立ち上がりつつありますが、出かける方々は、十分に注意して作業してください。



○持ち物

弁当と寝床、プラス保険は自己責任で。現地では、スコップ、スノーダンプなどの資材が十分ではないと思います。できる限り自分の作業道具をお持ちください。



なお、除雪作業は意外と重労働で汗をかきます。作業中はダウンなどの厚着よりも、防"汗"対策と、汗をかいたあとの処理をしっかりしてください。また、寒い時期でも体から水分は逃げていきます。十分な水分補給を心掛けてください。



また、作業開始時に体をほぐしたり、準備体操を忘れずに。特に暖かい部屋から急に寒い屋外へ出かけるとき、心臓に負担がかからないよう、十分に体をほぐしてください。



○雪かきの作業経験がない人

無理に除雪作業をしないでください。特に屋根雪おろし作業などは絶対にしないでください。作業に慣れた方々にやってもらいましょう。

除雪作業だけがボランティアではありません。おばあちゃんとお茶を飲みながら話を聞いたり、子供の世話をすることなども、立派なボランティアです。

また、除雪作業は、万が一の事故に備え、複数人で行うことが絶対条件です。作業をしている人を見守るだけでも十分にボランティアの仕事となり得ます。

そのほか、ボランティアセンターでの運営スタッフのお手伝い、炊き出しのお手伝い、高齢者の買い物代行などもあります。「除雪作業に自信がないから」と思わずに、積極的にボランティアセンターに問い合わせてみてください。

 

○除雪経験がある方、雪かき道場の卒業生の皆さんへ

へたくそでもたくさん集まればそれなりの力になります。雪かきの作業経験を、他のボランティアの人たちにも指導してあげてください。

 

ただし、スコップを壊したり、除雪対象の家の壁を傷つけたりしないように注意してください。水害のあとの泥かき作業とは違い、除雪作業中の事故も起こり得ます。危険な「軒先」「水辺」「機械」には近寄らないでください。



○今後の注意

天候が回復しつつあります。雪が緩むと、屋根からの落雪の危険があります。特に体育館などの大きな屋根からの落雪は、トン単位で雪の塊が落ちてきます。子供たちが屋根の下で遊ばないよう、周りの大人も十分に注意してください。

また除雪後の雪壁が緩んで崩れてきたり、雪崩の危険もあります。車の通行や、歩行者は十分に注意してください。

また溶けた雪が水となり、その水が夜間の放射冷却によって氷になります。スリップ事故や歩行の際に気を付けてください。



○日常からの備え

大雪も災害の一つです。日ごろから家庭での備蓄も大切ですし、万が一の停電のためにも、石油ストーブなどの購入も有効です。

車内では、スコップを携行したり、毛布(寒さ対策のほか、車がスタックしたときに、タイヤの下に敷いて脱出もできる)やウォッシャー液の携行も有効です。

- | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.snow-rescue.net/trackback/1344421
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.