越後雪かき道場(R)ブログ

雪をかき・汗をかき・情熱かき立てる
<< February 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
"常設"道場〜木沢で開催
1/30(土)、本家の越後雪かき道場が直営で開催するシーズン2016年の最初の地は、長岡市川口木沢。もはや常設となっている地域です。例年よりも積雪量はかなり少ないものの、それでも2m弱あります。新潟県内をはじめ、関東方面からの参加者も含め、31名の方々にご参加頂きました。

 

まずは「雪かき道<越後流>指南書」に基づく安全講習です。初めての方は新鮮な講習として、リピーターの方も1年ぶりの安全講習ということで、真剣に学習してもらいました。

  

この日、設定したコースは初級コースと上級コース。初級コースの人たちは、まずカンジキを体験。なかなかうまく結べません。

 

そしてグランドに出てスコップやスノーダンプの基礎を学びます。

 

この日は天候が穏やかで、降雪も風もなく、作業としてはとてもやりやすい日でした。

 

一方、上級コースの参加者は、室内で安全帯やロープの結び方を学びます。「エイトノット」や「インクノット」、そのほかの難しい結び方も学びました。

 

そして外に出て「雪害救助訓練」に挑戦。実際に、雪の中に人を埋めてみて、要援護者の声が聞こえるか、そして安全に移動させられるか体験してもらいました。

 

作業で汗をかいたあとは、「越後かわぐち温泉」で疲れを癒し、夜は地元の人たちを交えて交流会です。これだけたくさんの人たちに参加してもらうと、食事もおいしいですね。

恒例の「ユキカキカルタ」、そして「カマクラでキャバクラ」も楽しみながら、夜は更けていきました・・・。

 

1/31(日)、この日の午前中は班に分かれて集落内の除雪作業です。各班は地元の師範に誘導され、作業場所を確認。目標を決めて着々と作業を進めていきます。

 

スコップの効率的な使い方やスノーダンプを滑らせながら大量の雪を運ぶ・・・など、現場で体感しながら、作業を進めていきます。

 

また、上級コースの皆さんは、安全帯とヘルメットを着用し、アンカーが設備されているお宅の屋根の雪下ろし作業をしてもらいました。

 

屋根に上る際には、ハシゴをしっかりと固定し、屋根に上がってからもどこまでが屋根か雪庇か、危険な場所はどこか、安全確認を忘れません。

 

そして作業後に集合写真。寒かった体も、汗でびっしょり。お邪魔したお宅からおやつや飲み物をもらったりしました。木沢地区の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

そして修了式。初級コース、上級コース、もちろん皆さんに認定証が授与されました。



10年目となる越後雪かき道場、これからも雪国の安全と、地域活性化、地域防災の契機として、各地で活動を広げていきます。遠方から参加された皆様、私どもを受け入れて下さった木沢地区の皆様、本当にありがとうございました。
 
- | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
富山市八尾町での開催は・・・かつてない秘境!
越後雪かき道場は、富山市での開催時は「越中雪かき道場」と名前を変え、
2009年の高岡市福岡沢川を皮切りに、
2011年の上市町、
2012年の黒部宇奈月、南砺市城端、
2013年の立山町、南砺市大島、
2014年の南砺市(旧平村)東中江、
2015年の南砺市太美山
と、9箇所で開催してきました。

そして2016年も、富山市八尾町と南砺市太美山で開催します。中でも富山市八尾町大長谷(おおながたに)地区は、雪かき道場始まって以来の「秘境」です!



NPO中越防災フロンティアでは、雪かき道場の打ち合わせに何度か訪れましたが、まず「遠い」。富山インターから20分ほどで、八尾町に入りますが、そこからさらに40分ほど、それも途中、かなり険しい山道があります。でも途中の景色は人工的な構造物がない自然がきれいです。



会場は、大長谷交流センター(富山市八尾町内名88)。立派な施設です。



宿泊は、交流センターより更に車で10分ほど移動した「ふるさとセンター」です。2間続きの和室で皆さんで泊まります。



温泉施設は、ふるさとセンターよりさらに車で3分ほどの「大長谷温泉」。こじんまりしていますが、源泉かけ流しです。

大長谷地区には、コンビニはもちろん、お店などありません。自動販売機も温泉施設内に一つだけ。携帯はauは届きませんし、DoCoMoやSoftbankも場所によっては危ういです。

今年は、そんな秘境で、雪かき体験が待っています。都会の喧騒に飽きた方、ぜひ「非日常」を体験してみてはいかがですか?

お問い合わせは、NPO中越防災フロンティアまで
TEL 0258-59-2308 FAX 0258-59-2305
 
- | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
北陸地域、一気に積もりました
ある番組で気象予報士が「暖冬の影響で、貯まっていた雪が一気に降りました」と、まったく説得力がない解説をしていたけど・・・。

さて、普段あまり積雪がない新潟市も、35cmほど積もりました。昨日は日曜日だったのですが、今日は月曜日。仕事が始まった新潟市内は、案の定、渋滞。公共交通機関も動かないし、バスも来ない。地震のような突発的な災害ではなく、「明日は雪が降るよ〜」と予報されているのに、ある意味こういう雪害に関しては対応できない雪国の大都市の弱さが露呈・・・。

 
※写真は、新潟市中央区の県庁付近の様子。

また、雪に慣れている長岡市も、今回は影響が大きいようです。24時間の積雪量も21cm→90cmになったそうです。10時現在、朝のラッシュが続いているそうです。歩道除雪が間に合わず、車道を歩く人たち。臨時休校になっている学校も出ているようです。

 
※写真提供 : 株式会社エコロジーサイエンス 樋口氏

一方、長岡市山古志にあるNPO中越防災フロンティアの事務所に連絡したら、「長岡市内は渋滞がひどいけど、山古志村内はちゃんと除雪されていてスムーズですよ」と。2m以上も積雪があるのに、地域の防災力、ってこういうところで差が出ているのしょうか。



各地で除雪作業中の事故も発生しています。天気予報では明日から落ち着くようです。その除雪作業、本当に必要? 今、屋根の雪下ろしをしなくても明日から融けるかもしれませんよ。決して無理をしないでください。
 
- | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雪かき講座スタート(長野県飯山市、山形県川西町)
北日本を中心に低気圧がとどまっており、全国的に強い風と雪国では暴風雪が続いています。先日までは「雪が少ない」と、スキー場や雪かき道場関係者(!?)は嘆いていましたが、一気に積もりましたね。

さて。1/18(月)は、長野県飯山市で、長野県社協、飯山市社協の共催による「除雪支えあい講座」が開催され、約30名が集まりました。





飯山市では、早い段階から越後雪かき道場と協働しており、すでにのれん分けを済ませているようなもの。地元の受け入れ態勢も、社協の皆さんの段取りも、もう手慣れたものです。しかしながら、毎年このような講座を開催し、次に開催する「雪掘りとうど塾」←長野県版の雪かき道場、の運営方法などを確認してもらっています。この日はまだ降雪が少なく、屋外での実践は出来なかったため、室内で中級のロープワークにも挑戦してもらいました。

今年の「雪掘りとうど塾」は、2/6(土)〜7(日)開催です。詳しくは、飯山市社会福祉協議会へお問い合わせを。チラシはこちら(PDF)

また、山形県では、山形県企画振興部市町村課を窓口とした「雪下ろし講習会」がスタートしました。山形県では3年前から、県内で「雪下ろし講習会」を市町村持ち回りで開催しており、わが越後雪かき道場代表の上村先生らを講師として、今年も8市町村で開催し、これで山形県全市町村制覇です。

1/19(火)は、山形県川西町で開催しました。参加者は安全帯やロープワークについて学習してもらい、そのあと役場脇の倉庫の建物で実践を行いました。



川西町での積雪は例年よりも少なかったなぁ、と思ったのも束の間、新潟へ戻る途中は大雪で、国道もほぼホワイトアウト状態(汗)。この天気はしばらく続きそうです。



下の写真は、今日1/20(水)の新潟市中央区の新潟県庁の様子。10cmくらい積もっています。普段、新潟市内は積雪は少ないので、10cmでも市内は大渋滞です。雪の中の運転に不慣れな人は無理しない。電車もバスも多少遅れるかもしれませんが、ちょっと早目に家を出て、公共交通機関を利用してみましょう。



除雪作業をされる方も、充分に気を付けて下さい。越後雪かき道場のカルタにもありますが、「シーズンの最初の除雪は要注意」です。
 
- | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
雪も鬼も無い鬼無里
暖冬・・・なのかな、やっぱり。2月20(土)〜21(日)に長野市鬼無里(きなさ)地区で開催予定ですが、本日(1/12)現在の様子が送られてきた。

 

まじか・・・(汗) 本当に雪がないんだね。まぁ、あと1か月以上あるから、降雪を期待しましょう。

それと、毎年4mもの雪が積もる新潟県十日町市池谷。今日の様子です。

 

山並みには降雪が見られますが、毎年何回も雪下ろしが必要な旧小学校の屋根も、ほとんど雪はありません。池谷では、今週末(1/16〜)第一回の雪かき道場が開催されますが、それまでにもうちょっと降るかなぁ。
 
- | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.