越後雪かき道場(R)ブログ

雪をかき・汗をかき・情熱かき立てる
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
映えろ !

雪かき道場シーズン2019、募集を開始しました。

 

たいへんありがたいことに、告知とほぼ同時に参加申し込みを頂いている方々もいらっしゃいます。SNSやメーリングリストで配信しているわけでもないのに、素早い反応に感謝しております。

 

 

さて。今年のチラシはかなり派手目になっています(笑)。雪かき道場なのに、もはや昭和の映画のような「道場破り」のようなイメージはことさらありません。だって楽しい企画にしたいじゃないですか。もちろん、デザインは某写真投稿サイトのパクリ(汗)ですが、今回のチラシの「読み方」で議論が・・・。

 

10〜20代 : 「映(ば)えろ」 濁る

30代〜40代 : 「・・・読めない」

50代〜 : 「映(は)えろ」 濁らない。そもそも何がはえろなの?

 

今シーズンの道場、ぜひ、えてください!

- | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シーズン2019はじまるよ !

お待たせしました。越後雪かき道場(R)シーズン2019が始まります !

 

われわれ越後雪かき道場の活動は、昨年は「地方自治法施行70周年記念総務大臣表彰」を頂き、今年は「平成30年防災功労者内閣総理大臣賞」を受賞、そして雪下ろしの事故を減らすために一緒に活動してきた長谷川工業株式会社の「ハードルラダー」がグッドデザイン賞を受賞し、いい事ずくしの年でした。これも一重に皆様のご支援のおかげです、ありがとうございました。

 

さて、そろそろ降雪シーズンがやってきます。われわれスタッフも、各地での講演会等にお声がけされ始めました。越後雪かき道場シーズン2019もスタートします。皆様と各地でお目にかかれるよう、スタッフ一同、楽しみにしております。参加お申し込みはこちらから。(PDF形式の開催案内チラシはこちら)

 

 

 

(宿泊費の改定について)

各地で開催する実施主体となる団体も、本家の越後雪かき道場にならえ、追いつけと一生懸命にその運営のノウハウを習得しようと努力しております。一方、当NPOや他の主催団体も、遠方からの参加者の経済的な負担を減らそうと、補助金を活用したり自己資金を用意したりして、参加費用の軽減に努力してきましたが、このたび、宿泊費の見直しをすることとしました。つきましては昨年より高めの設定になっている会場もありますが、どうかご理解を頂けますようよろしくお願いいたします。

 

- | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
[祝] グッドデザイン賞!

またうれしいニュースが入ってきました。

 

越後雪かき道場のスポンサーでもある長谷川工業株式会社が開発した「ハードルラダー」が、このたび2018年度のグッドデザイン賞に選ばれました!!!

 

詳しくはこちら

http://www.g-mark.org/award/describe/47681?token=VmvBE1aP3R

 

 

思い起こせば2シーズン前、雪下ろし作業中のハシゴによる事故の軽減を目指して共同で開発を進めることになり、メーカーの皆様が熱心に雪かき道場の現場に足を運んでくれました。現場での経験や利用者の声を聞きながら改良を重ね、昨年末から市販化がスタートしました。

 

 


長谷川工業の皆様、本当におめでとうございます。そして、私ども越後雪かき道場スタッフも、少しでも開発に関わることができたことをうれしく思います。

 

- | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
防災功労者 内閣総理大臣表彰を頂きました

このたび、「越後雪かき道場」が、平成30年防災功労者 内閣総理大臣表彰を頂きました。

 

詳しくは首相官邸ホームページ

「防災思想の普及」というカテゴリで団体として受賞いたしました。

 



昨年の総務大臣表彰の際の繰り返しになりますが、雪かき道場というのは、私たちスタッフだけのものではなく、開催してくださる地域があり、そして参加者が居て初めて成立する取組みです。そして間接的に支援・応援して下さっている個人・団体も多数いらっしゃいます。そういう意味では、12年間の活動の中で、関わって頂いたすべての皆様が、受賞者だと思っております。

 


ひとまずは受賞のご報告とお礼まで。

越後雪かき道場 代表

 

 

- | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
木沢道場に続き山古志でも「上級コース」を開催

2月10日(土)〜11日(日)は、越後雪かき道場®の本拠地である、新潟県長岡市山古志地域で開催しました。この日は、同じ日程で長野市鬼無里(きなさ)でも開催しており、スタッフは2班に分かれて運営しました。

 

 

 

山古志では、通常の初級コースに加え、上級コースも設定し、27名の参加者が集まりました。初級コースでは、まずは指南書に従って安全講習を学び、上級コースでは早速安全帯とロープワークを学びます。

 

 

 

この日の上級コースでは、大手ハシゴメーカーである長谷川工業株式会社(+雪かき道場のコラボ)で販売が実現した「ハードルラダー」を紹介。メーカーからもスタッフにお出で頂き、商品の説明をしてもらいました。

 

 

 

ハシゴの上り下り時に潜む、様々なヒヤリ・ハット対策が施されています。

 

 

今回の宿泊場所は、「あまやち会館」。ここは越後雪かき道場の開催地の中でも1・2番に過ごしやすい場所。だって普通の宿泊場所ですもの。「道場」ですから本来は体育館(寒っ)に雑魚寝でもいいかもしれないけど、ここには自動販売機もあるし大浴場もあるしね・・・。

 

 

 

それにしてもこのちびっ子、夜のユキカキカルタ大会では今回「も」記憶力がよく、下の句から読む第2戦でも酔っ払いの大人たちより多くの札を取ってた。すごい。

 

 

翌日も初級と上級に分かれて実践。初級コースは会場近くの種苧原(たねすはら)集落に入って除雪作業です。

 

 

あいにくの天気でしたが、皆さん、作業目標を決めて頑張ってくれました。

 

 

 

 

 

やはり雪で埋もれた1階の窓は出してあげたいですよね。皆さん、チームワークよく頑張ってくれました。最後はおうちの人も出て来てくれて記念写真。

 

 

一方、上級コースは屋根の雪下ろしです。これが手ごわい・・・。とても時間内に終わることが出来ず、ちょっと消化不良でした。(そもそも、メイン会場と雪下ろしの会場が離れていて、移動に時間がかかってしまったことも原因。事務局の反省点です。)

 

 

 

それでも安全第一で、もちろん安全帯とヘルメットを装着し、ロープをアンカーに接続して作業します。

 

 

 

そして上級コースには、なんと筆記試験もあります!

 

 

はたして試験の結果は・・・!?

 

 

最後は総務大臣賞を頂いた盾と賞状で記念撮影。

 

 

今年の山古志は、昨年よりも雪は多かったものの、量としては平年並みかな。それでも普段、雪に慣れていない参加者の人たちから見れば、びっくりするくらいの多い雪でした。そのため、もうちょっと作業をしておきたかった、と言う声も聞かれましたが・・・。皆さん、たいへんお疲れ様でした。

 

 

- | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.