越後雪かき道場(R)ブログ

雪をかき・汗をかき・情熱かき立てる
<< January 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
便利で酢
先日、兵庫県香美町で越後雪かき道場を開催させて頂きました。普段あまり遠出の出張もないので、雪かき道場以外の面白ネタもたくさんありました。

まずは新潟から東京まで新幹線。東京駅からは電車に乗って浜松町からモノレール。人ごみも乗り物も苦手な私ですが、なんとか羽田空港に到着。そして羽田空港から鳥取空港まで飛びます。

いつものように座席は一番うしろ。ここが一番落ち着くんだな。そして窓から見える鳥取砂丘。新潟市の小針浜を見慣れているせいか、あまり感動なく・・・。

 

鳥取空港はこじんまりした新しい空港で、羽田のように迷うこともありません。「鳥取砂丘コナン空港」という別名があるらしいが、よくわからない。空港からレンタカーを借りて、いざ兵庫県香美町へ。

香美町の村岡地区では、コンビニは1件しかないし、遅くまで空いているレストランなんてないですよ、と聞いていたので、事前に食事を取る場所を「村岡ファームガーデン」と決めていました。本場の但馬牛もお手頃価格で食べられるとか。

レストランに着くと、客は私たち2名のみ。静かな雰囲気でした。メニューには積雪量(cm)に応じて価格を割り引くサイコロステーキが。この日の積雪は87cmということで、870円引きでした。が、私が注文したのは3種のハンバーグ。

また、食事をされる方はサラダバーが付いてきます。と言ってもキャベツと白菜のみ(汗)。苦笑しながらサラダバーの隣に置いてあるドレッシング2種類に目をやると「和風」「べんりで酢」。ネーミングを笑いながらも、その酢をかけてみたら・・・超うまい! でも隣の売店で買ってくるのを忘れましたが。



1日目の宿泊は温泉にしよう、ということで、隣の新温泉町の「井づつや」に宿泊。老舗高級旅館という感じでした。地下には大きく深い温泉や岩盤浴があり、屋上にはヒノキ風呂が。それも畳敷き! 柔道の道場にあるようなビニールっぽい畳でしたが、畳の上でお湯をかけることに罪悪感を感じるのは、やはり日本人だから?

 

そこから眺める街並み。・・・・雪がありません。雪かき道場、できるのか・・・?



2日目の夜は、雪かき道場参加者との交流会のあと、「かじや旅館」に宿泊しました。古い建物ですが、清潔感があります。ただ・・・どういうわけか、向かいの雑貨屋の冷蔵庫か何かのコンプレッサーが一晩中うるさく、一緒に宿泊した○○先生は眠られなかったとか・・・。

雪かき道場も無事に終わり、鳥取空港へ帰る途中に、鳥取砂丘に寄りました。貸し長靴もありました。どうせならせっかく持ってきた長靴と雪国のカンジキで歩けばよかったか。

 

砂漠と言えばラクダ。居ました本当に。でも写真を撮ろうとすると「1回100円だよ」と言われました。なんだかな。

さて。職場に戻り仕事をしていると香美町社会福祉協議会から宅配が・・・。何か忘れ物でもしたか?と思ったら、「お礼」ということでお土産を頂きました。お気遣いありがとうございました!

中身は・・・



これです! 超欲しかった! 買い忘れたお土産。今晩はキャベツを買って帰ろう。

※「べんりで酢」→詳しくは公式サイト
- | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
初の兵庫県入り〜香美町で雪かき道場
1/24(土)〜25(日)、越後雪かき道場はついに兵庫県へ進出。香美町にて1泊2日の初級コースを開催してきました。


<会場となった「香美町小代高齢者支援センター(いこいの里)」>


<「雪かき道・越後流指南書」を用いた安全講習>

 

<2日目は、班に分かれて集落内の除雪>

 

<地元の新聞にも紹介されました>

はっきり言って、困っているほどの積雪量はありませんでした。しかし、ホンモノの豪雪時のため、またはそんな時に自分たちが除雪ボランティアを率いて安全かつ効率的に作業ができるように、平時から準備するのが越後雪かき道場なのです・・・。

皆さんの学習成果が、いつかどこかで役に立つことを願っています。


 
- | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今年のグッズは・・・?
越後雪かき道場は、おかげさまでリピーターも多いです。リピーターの方が気になるのは「今年のグッズは?」

 

例年、越後雪かき道場は、株式会社興和さまのご支援を頂いており、様々なグッズをご提供いただいております。さて、今年のグッズをお見せしましょう ! おっと、詳細画像は参加した方のみぞ知る・・・あえてボカしておきましょうか。

ヒント : 甲子園では惜敗したチームがグラウンドの土を持って帰るとか。さて、雪かき道場は何を持って帰りましょうか(笑)。

 
- | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
兵庫県香美町での雪かき道場・・・雪はあるの?
ここ数日、本格的な降雪もなく穏やかな天気が続いている新潟県内ですが、カレンダーはまだ1月。例年ならまだまだ大雪が心配されます。

さて。1/24〜25は、越後雪かき道場が兵庫県香美町まで進出します。現地の事務局である香美町社会福祉協議会のスタッフに雪の量を聞いたところ、



会場となる「いこいの里」の前はこんな感じです・・・、と。はぁ、確かに雪は少ない。というか、ほぼない。まぁ、越後雪かき道場というイベントは、本当の豪雪時に悠長に開催している場合ではないので、むしろ小雪時がちょうどいいのかも。

以前、雪がまったくなく、「雪かき道場」が「__かき道場」になったこともあったし、まぁ、現場合わせでなんとかなるか・・・。

香美町の皆さん、週末よろしくお願いします。

 
- | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
これぞ本物の雪国・・・吹雪の中で雪かき作業を頑張りました
1/17(土)〜18(日)、新潟県長岡市川口木沢にて、越後雪かき道場の初級と上級を開催しました。例年、木沢での道場は、積雪が多い2月上旬くらいに開催するのですが、1月中旬でも2m50cmを超える積雪がありました。

今回の会場も、やまぼうし。ここは学校を宿泊施設に改築した建物です。あいにく吹雪の中でしたが、全国から34名の方が参加してくださいました。

 

まずは「雪かき道<越後流>指南書」を用いて安全講習です。このあと、初級コースは屋外でスコップやスノーダンプの基礎実技を学び、上級コースは屋内で安全帯の装着や、ロープワークについ学びました。

  



さらに上級コースでは、翌日の作業に備え、除雪対象の家々の構造の確認や作業場所の確認をしました。安全に、かつ効率的に除雪を行うためには、この下見が重要です。

 

作業で汗をかいたあとは、近くの「川口温泉」へ相乗りで出かけ、一日の疲れをほぐしました。さて、そのあとは地元の人たちとの楽しい交流会です。参加者、スタッフ、地元の師範などを含めると、会場は50人にもなりました。地元の食材や、みなさんとの会話を楽しみながら、夜は更けていきました・・・・。

 

おっと、肝心な二次会もありました。ここは昼間に初級コースの人たちと地元師範によって作られた巨大かまくら。翌日の作業も控えているので、お酒はほどほどに・・・。

 

翌日は班に分かれ、集落内の除雪作業に出かけました。上級コースは主に屋根雪処理。しっかり安全帯とヘルメット着用です。初級コースの皆さんは、スコップとスノーダンプで効率的に除雪をしました。

 

一汗かいたところで集合写真。



初級コースは日曜日のお昼ご飯まででカリキュラムは終了。でもさすが上級コース、ここではグループに分かれてワークショップ、さらには筆記試験もありました。

 

また、今回は関東方面からの参加者も多く、私どもが目標としている「非豪雪地のための注意喚起ポスター」作りにも参加して頂き、貴重な意見も頂きました。前橋市社協、みなかみ町社協、片品村社協のみなさん、御協力ありがとうございました。

 

そして無事にみなさんに「越後雪かき道場」の認定証を授与。なお上級コースの皆さんには、後日、正式な認定証を送付予定です。

皆さんが帰るころになって、ようやく天気が回復してきましたが、今回は吹雪の中の実践作業となり、参加者の皆さんも辛かったことと思います。本当にお疲れ様でした。今回の作業が、みなさんの地域で活かされることを願っています。

 
- | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

(C) 2015 無料ブログ JUGEM Some Rights Reserved.